今日は節分~三角袋福豆「豆富本舗」さん

堺東のエステ サロン はインナーサーフェス.

堺東の筋膜リリースによる リラクゼーション マッサージサロン

堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ

堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ

堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ

堺東 マッサージ
堺東 マッサージ
堺東 マッサージ

大人になると

 

 

季節の移り変わりが当然になり

 

 

日々の忙しさに埋もれて

 

 

行事や催しごとへの感動が薄れていくのですが

 

 

ふと、子供の頃、給食に節分の豆が出ていたことを思い出して

 

 

懐かしく感じました。

 

 

歳の数だけ豆を食べるんだって

 

 

ちゃんと数えていたような気がします。

 

 

 

 

地域によって異なるのか

 

 

自分の年より1つ多く食べるところもあるようですね。


節分とは

雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていた。したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。今も節分を「年越し」「年取り(数え年とは、生まれた日を1歳とし、誕生日に関係なく新年に皆が年を取る数え方)」と呼ぶ地域があるのはこの名残である。

 

豆まき

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。

 

出典元:引用 – Wikipedia

堺東のマッサージ サロン はインナーサーフェス.

堺東の女性専用プライベートエステティックサロン【公式】inner surface.

キャッシュレス_5%還元_堺東_エステ_inner surface
堺東エステティックサロン_VISA_mastercard_AMERICAN EXPRESS_JCB_Diners Club INTERNATIONAL_Discover Card